アクセスランキング ブログパーツ

+36万 さよならトライオート、こんにちは手動トラリピ (17/4/7の損益)

cartoon-waving-guy.jpg今までありがっ こんにちは!

ループイフダン(トライオート)のシステム利用料を計算してみたら何と年間50万以上と、思ったよりも随分高かったことから、値幅を50pipsから100pipsに変えて決済回数を週に1回程度に減らした手動トラリピに切り替えることにしました!


 売りが好き 


ドルを売ってスワップポイントを払うのが好きなドM!な訳ではありませんが、売っておくと例えトレンドがドルの上昇でも年に1~2回は巡ってくる強烈なリスクオフで何故か円が買われるため(ドル投資の巻き戻し?)、逃げるチャンスが巡ってくるので実は結構売りが好きです。


 馬鹿にできないスワップポイント 


インヴァスト証券のトライオートは若干滑りやすい気はしますが、細かい設定ができるし指標発表時も異常にスプレッドが開くようなことも無く、激しい上げ下げの中でもしっかりと約定して利益を積み上げてくれるのでかなりお気に入りでした。また、オートパイロット(自動繰り返し注文)を使わない裁量トレードならばシステム利用料も発生しません。そこで、このままトライオートの裁量で手動トラリピやろうかな?とも思ったのですが、スワップポイントがなかなか曲者なのもまた事実。仮に平均して100万通貨を1年持っているとすると、概算で何と100万円程度のスワップポイントを支払うことになるのです!泣く泣く他の業者も当たってみました。


 売りスワップならヒロセが無双DMM 


実は特に考えず、乗り換えるなら原点回帰でGMOか外貨.comかSBIFxTrade辺りかな?と思っていたのですが、調べたらインヴァスト証券よりもドル売りのスワップポイントが高かったので敢え無く断念!調べた中ではCFDで使っていたDMM証券と使ったことのないヒロセ通商が安い様子。170407swa2.jpg  しかもヒロセ凄すぎ!これGMOで買ってヒロセで売ったら爆益じゃん!と考えてふと、これ、わざわざヒロセでドル買う人おるんかな?という素朴な疑問が、、。買ってくれる人がいないと当然なかなか売れないので、結果滑ったり大きくスプレッドが開いちゃう様ならせっかくスワップが安くても仕方ありません。しかもうろ覚えですが、ヒロセは確かスワップポイントが高いことで有名だったような、、はて?何とも解せません。

=17/4/15 追記:お詫びと訂正=
ヒロセ通商のスワップポイントを誤記致しました、誠に申し訳ありません。1,000通貨のスワップを1万通貨のそれと誤記載致しました。よって、少なくともドル円スワップに関してはヒロセ通商は"無双"ではなく"いいトコなし"でした。なお、スワップポイントは日々変動致しますので、詳細は以下でご確認下さい。


 指標発表時のスプレッド 


さて、スワップポイントも大切ですが、同様に利確頻度の高い指標発表時にもしっかりと約定してくれるようで無ければ困ります。そこで今度はスプレッド(売りと買いの価格差)を調べてみました。
170407sp.jpg参照)http://fx-max.net/spread-comparison

ドル円のデータがほしかったのですが、見つかったのはポン円でした。ポン円の動きがドル円の参考になるのかは不明ですし、1回のデータだけなので再現性があるのかどうかもわかりません。しかしTochiが一番最初にお世話になり、Noストップ狩り宣言をしているSBIFxTradeが大手2社と同等かそれ以上に頑張っているのはとても嬉しかったです。でもまあ、スワップポイントのこともあるので、、、今回はDMMを使います!(笑)


 DMMの設定、どないしましょ 


インヴァスト証券では50pips値幅、10万通貨単位のトライオートをしておりましたが、最大含み損1千万円以上を想定しての取引は精神的にも資金的にもかなりキツイと感じてはおりましたので、今回の乗り換えは頭を冷やすいい機会になりました。そこで今後は、基本的に「IFDOCO」(=新規、利確、損切りを全て指値で設定する方法)で発注し、10円逆行で損切り設定を入れます。

1)ドル円、「売りの手動トラリピ」、100pips値幅、10万通貨単位(実質半減)
2)ドル円、「裁量」、1ポジション基本10万(最大20万)通貨、ポジション間隔1円以上(概ね半減)・・・.3円から1円間隔でナンピン&ピラミッティングで売り、108円で決済指値(*状況に応じて変えます)

としました。また、100pips値幅のドル円でインヴァスト証券のバックテストを行なった所、どうも買いでも売りでも0.3円を開始価格とすると最大で20 %以上も年間収益が改善する様なので、手動トラリピには0.3円刻みを採用します。
170407kaisi.jpg横軸が開始価格で、縦軸が最小の利益を1とした時の利益比です。16年3月に検証を行ったデータも載せております。心の目で見ると0.7円辺りにもピークが有りそうな気もしますが、どうもグラフが安定しないのは1年のテストではデータが不十分なためだと思われます。でもまあ0.3円なら恐らく間違いないでしょう!


 さよならは出会いのはじまり 


さて、そうと決まったらインヴァスト証券のトライオートを手動決済し、
決済前170407pre.jpg

全ポジション決済後。何だか切ない。とかいいつつ即出金 & DMMで即スタートです !170407post.jpg

なお、DMM.comの「IFDOCO」の発注画面がコチラ (゚∀゚) ほほう。イイネ!(乗り換え完了)
170407dmm2.jpg
FX国内口座数No.1で安定感抜群!500万通貨の取引で2万円キャッシュバックキャンペーン!FX業界初のLINEで聞けるカスタマーサポートもやってます!


  

ループイフダンの手数料について考える (17/4/3)

brain.jpgループイフダンと言っても実際にTochiが使っているのは、似たシステムのインヴァスト証券のトライオートです。主な理由は10万通貨以上だとほんの少し手数料が安かったことと、スマホで使えたから。今はiNetのループイフダンもスマホで使えるようです。他にも似たようなシステムは色々ありますが、中では手数料が安いこの2社が好きです。取引量が多い場合はインヴァスト証券、少なければiNet証券の方が安いです。以下が手数料とスプレットです。

iNet証券・ループイフダン
 手数料:無料
 スプレット:2pips

インヴァスト証券・トライオート
 手数料:~1万通貨:4pips
     1~10万通貨:2pips
     10~50万通貨:1pips
     50万通貨~:0pips
 スプレット:0.3pips


 実際の手数料 


寒かった冬が過ぎ、いつの間にか桜の季節がやってきました。もう4月。そこで1~3月の取引履歴をダウンロードし、実際にかかった手数料(=スプレット+取引手数料)を調べてみました

色々な取引をやっていてややこしいので、対象は50pips値幅で10万通貨単位で取引していたドル円、買いのループイフダンと売りのループイフダン(トライオート、別名AP:オートパイロット)だけにしました。また、指標の発表時などはスプレッドが0.3pipsよりも広がりますが、調べようがないので0.3pipsであった物と仮定しております。
170403 resuu
1月~3月で取引回数は202回(新規+決済。往復101回相当)。大きな損切りをしましたので利益は減って100万円ほどですが、手数料は何と16万円も支払っておりました!1回の往復取引辺り1600円相当の手数料偉い高い気がします。

しかも、年間に換算すると何と64万円!実際には他の取引も沢山やっておりますので手数料だけで年間80~100万円くらい支払うことになるものと考えられます。ちょっとこれは、、、単にイフダン注文を繰返すだけのシステムトレードの対価として妥当な金額である様には到底思えません(*Tochiの意見)

しかも(寒かったせいか?)なんかよく滑るな~とは思っておりましたが、理論値(一切滑らなかった場合)の手数料と比べると3ヶ月で3万円ほども多く手数料が徴収されているではありませんか!そして何故か利用者に不利な方向への滑りが圧倒的に多い。あやすぃ |д゚)チラッ


 手数料と決済回数の関係 


とは言え、多少滑ろうが手数料があろうが、ループイフダンの決済回数自体に大きな影響がなければ得られる利益は変わりませんので何の問題もありません。そこで、以前バックテストのデータを参考に求めた値幅と決済回数の関係式を使って手数料が決済回数に与える影響について調べてみました。式の詳細は以下。

170403 siki一番左の青い段がループイフダンの値幅(新規と決済の幅)、その横3段が手数料の違いによる決済回数の違い、続く右の3段が手数料無しの利益及びある場合との差額です。ドル円、1万通貨で1年運用した場合の期待値(理論上の値)で、測定値ではありません。

当然ですが、値幅が狭いとわずか1pipsの手数料でも決済回数や利益に極めて大きな影響があるのに対し、150pips以上の値幅では殆ど影響がありません。でもTochiが採用している50pipsではまだかなり影響があり、10万通貨で1年だと45万円も手数料(スプレッドは入っていない)で利益が減ることがわかりました!実際の手数料の値と殆ど一緒です。要するに手数料はやっぱり利益から差っ引かれているんですね。。。


 どげんとかせんとアカン! 


一番シンプルな解決策は、値幅を150pips以上にすること。そうすれば仮に手数料を支払っても決済回数自体にほぼ影響が無いので問題はありません。但し、これだと平均して月に2回ほどしか決済しないのでTochiはヤキモキして死んでしまいます。

次に簡単な解決策はループイフダンを手動で行うこと。単なるイフダン注文ですから実はそう難しくはありません。実際に原油や金などのCFD取引のループイフダンは手動で行っておりましたし、年間50万円以上も支払うことを考えれば多少の苦労もやむを得ないかと。これならばGMOクリック証券などを使えばいいので0.3pipsだけで済みます。慣れくれば大して手間はかからないと思いますが、スマホも見れないほど忙しいデート中や寝ている時に大きく動いた場合が難点です。ただし、値幅を100pips位にすれば平均して1週間に1回程度しか約定しませんので、これならばかなり現実的な戦略だと思われます。しかも直感に反して投資効率は値幅が広ければ広いほどいいので、我慢が出来ればこれがベストです。でもそれだとTochiのブログがますます過疎ります。。。値幅と投資効率の関係も以下です。

最終手段はMT4を使うこと。自分のパソコンで売買プログラム(MetaTrader4)を走らせてプログラムに発注をさせる方法です。実際にはパソコンをつけている時にしか動かないのも困るので、サーバーにアップロードしてプログラムを走らせるための費用が多少かかる様ですが、それでも年間50万円と比べれば遥かにオトクなはず(たぶん絶対!)。物によってはプログラムを購入する必要がありますが、ループイフダンの様な簡単な注文方法であれば探せば恐らく無料でも手に入るのではないかと思われます。仮に有料でも安価なはず。また、スプレッド以外の使用手数料はかからないFX業者が多いので、値幅を維持しつつ無駄な出費を抑えるのにはこれがベストです。難点は絶妙なハードルの高さですね。FX初心者の方や小鳥のTochiとかにはかなりキツイかも。


さてどうするか。思案中です。。。但し現状維持はありえません。追々ブログにて報告いたします。それにしても、敵は本能寺にいるものとばかり思っておりましたが、案外お家の中にもいたりするもんなんですね (。-_-。) 意味深風

FXの裁量ならココが一番、FX取引高世界No.1で安定感抜群!「プラチナチャート」も最高!100万通貨以上の取引で最大2.5万円のキャッシュバックキャンペーン中です!


  

ループイフダンは儲かるのか?(58人分の検証)17/3/18

-shared-img-thumb-0I9A350615032140wakaranai_TP_V.jpgループイフダンは正式にはiNet証券が提供するイフダン(売りと買いの指値を同時に注文する)を特定のレンジで繰返して行う注文方法の名称です。仕事中や寝ている間にも指値になったら勝手に売買をして利益を積み重ねてくれます。似たシステムにM2Jのトラリピや外為オンラインやFXブロードネットのiサイクル、インヴァスト証券のトライオートなどがあります。

一般的なシステムトレードは中身(=動作原理)を基本的に公開していないのに対し、ループイフダンは動きが全て明らかにされており(=指定のレンジで売る or 買うだけ!)、それが人気の秘密でもあります。でも気になるのは人気より、「それ本当に儲かるの?」ということだと思います。そこで今回は、ループイフダン(今回はトライオート)を使って実際に取引をしている58人分のデータを検証することで特徴や利益についてまとめてみました!



 個人投資家はカモ!? 


FXは売るか買うかだけのシンプルな投資です。単純に考えれば勝率は5割のはず。しかし実際にはFXの個人投資家で1年間やって利益を出せる人は全体の2~4割、4年間だと1割、5年間連続で利益を出せている人はわずか1%程度しかいないのです!


何故でしょうか?
それは、FXがゼロサムゲーム(全員の損益の総和がゼロ)であり、一般に機関投資家と呼ばれるヘッジファンドやインターバンクが個人投資家をカモにして利益を上げる構図が出来上がっているためなのです。

 一方で、ループイフダンではしばしば顧客の7割が儲かる!!などというという眉唾な記事を目にします。

これって本当なのでしょうか、、、?


 ループイフダンの勝率は何と68 % 


16年3月現在、インヴァスト証券ではトライオートグランプリが開催されており、上位100人分の顧客が29日間(営業日で6週間弱分)トレードを行った際の実際の損益が公開されていました。

上位100人と言っても単に売買が多い100人なだけで、儲かっている人のランキングではないので、このデータを使って実際に儲かっている人がどの位いるのかを検証してみたいと思います!blog_import_57012888f35e8.jpgまず、トライオート部門(ループイフダン様の売買をメインにしている人達のランキング)を見ると、推定で100人の内、58人程度が裁量トレードを一切せずに、ループイフダンの自動売買のみでトレードをしていました。そこでこの人達のデータのみを使って検証しました。

すると、何と58人中、40人(68%)が利益(=損益+含み損益がプラス)を出していました!

 どうやらループイフダンで7割が儲かるというのは本当の様です!

 
また、58人の総資産は2億円強(個人平均で343万円)、総損益は+1,064万円、総含み損益は-1,331万円で、利益(損益+含み損益)は個人平均に換算すると4.5万円(資産の1.3%)のマイナスでした!

これは一体何を意味するのでしょうか?


 ループイフダンのカラクリ  


そこで、個人個人の利益(=損益+含み損益)を見てみると、利益を出した40人の平均利益は18万円で、損益を出した18人の平均損益は-52万円でした。

具体的には、
 1番儲かった人は+81万円(資産の6.3%)
 2番目は+80万円(15.9%)
 3番目は+71万円(10.5%)であるのに対し、

 1番損した人は-204万円(資産の19.6%)
 2番目は-133万円(16.7%) 
 3番目は-130万円(38.5%)でした。

これはつまり、儲かる人の利益よりも損する人の損益が多い(=利小損大のトレード手法である)ためにトータルとして勝つ人の割合が多いことを示しています!

また、58人が適当に自動売買しただけであれば総損益はほぼゼロになりそうなものですが、個人平均に換算して資産の1.3%相当のマイナスが発生しています。インヴァスト証券では、ドル円でトレードした場合に1.3~4.3銭の手数料がかかりますので、これは恐らく大半が手数料に相当する分のマイナスだと考えられます。


 それでもやっぱりループイフダン  


予想通りでもあるのですが、ループイフダンはシステムトレードの聖杯(=必勝法)ではありませんでした!しかし、FXの個人投資家は5年間(営業日として1,250日程度)で利益を出せる人がわずか1%程度(即ち99%が損失を出している!)ということなので、今回検証した58人が29日間、延べ1,682日に相当する期間、放ったらかしでトレードしてもループイフダンならば手数料分のマイナスしか発生していないということは、実は驚異的な好成績だと言えます。

即ち、感情に流されたトレードをして負ける多くの個人投資家(=カモ)と比べると、感情を排除したループイフダンを使用する個人投資家は、”少なくともカモにはされない”という事ですので、これだけでも十分に魅力的な手法であると考えています。

また、仕事があってずっとチャートを見ていられない会社員でも24時間簡単に稼働できることや、利小損大とはいえ大半の人(7割)が儲かるという利点は、専業でFXを出来る人や、裁量でバリバリ勝てるトレーダーでもない限り、ループイフダンは最も適したトレード手法の1つであると言えると思います。この様な多くの利点の一方で、1年以上ループイフダンを運用した個人的な感想としては、含み損を耐えるのが基本スタイルのトレード手法なので含み損が膨らんだ時期は精神的に結構しんどいことや、ループイフダンを停止(=含み損の損切り)するタイミングが最終的な損益を左右するのですが、そのタイミングを見計らうことが難しいことが欠点として挙げられるかと思います。


 まとめ  


・ループイフダンは7割が儲かる一方で、利小損大のトレード手法である
・それでも普通にFXをやるのと比べて遥かに好成績が期待できる
・副業やFXの初心者には最適
・含み損に耐える精神力が必要

ループイフダン(トライオート)で一番利益を出させて貰っているオススメの証券会社!50万円入金&50万通貨の取引で1万円キャッシュバックキャンペーン中です!


  

ループイフダン(トライオート)真の利益!勝率83 %!決算利益+413万円!(17/3/14)

file8541274152831.jpg 明日のFOMCを前にして閑散相場。最近多いですね。こんな時は!今年に入って先週まで、1/3~3/10のFXループイフダン(インヴァスト証券トライオート)+FX裁量トレードの全取引(=真の利益)を一気にまとめてみたいと思います!

これが全決済取引!
170314-his1.jpg
続き。170314-his2.jpg ・EUR/AUDは既に損切り&撤退した「レンジフォーカス」
 ・EUR/JPYは最近始めた売りのループイフダン
 ・USD/JPYは決済が買いとなっているのが「中抜け値ごろ感ループイフダン」
 ・USD/JPYの決済が売りとなっているのが年初に始めて既に停止し、撤退予定の「買いのループイフダン」とそのレスキュー部隊(ナンピン買い部隊)です。既にループイフダンは停止しておりますので裁量の区分としております。厳密にはそれ以外の裁量取引も入っているのですが、後の祭り。既に区別がつきません ( ノД`)

戦績は、98勝10敗の勝率83 %!決算利益+413万円!
勝ちの平均金額は、+45,842 円
負けの平均金額は、-36,134 円と、勝率・金額ともに勝ちが負けを上回るという理想的なトレードになっております!2ヶ月強で約1,000万通貨の決済取引でした。なお、私は自動の損切りを設定していないので、負けは全て手動で行なった損切りです。

「中抜け値ごろ感ループイフダン」、「レンジフォーカス」の詳細はこちら
今年はコレで!「中抜け値ごろ感ループイフダン」
インヴァスト証券のレンジフォーカスが面白い!


含み損~!含みゾーン♪はどないやねん!?
これが現在の全保有建玉です!
170313-2.jpg 
EUR/JPY、長期的に下落トレンドと思って売ったのは失敗だったのか、、、?中々の含み損。実際には「買いのループイフダン」の含み損がメインですが、全てが含み損というわけでもなく、レスキュー部隊(ナンピン買い部隊)は含み益となっています。もろもろ合計で-130万円!ループイフダンは含み損を耐え忍んで最終的な利益を出すトレード手法!この程度ならむしろ含み損が少ない方でしょう!ちょっと嫌なのは保有枚数の多さ。早いところレスキュー部隊と「買いのループイフダン」を撤退させて身軽になりたいです (´・Д・)」


なお、実際にはこんなに好調な時期ばかりではありません。そこで、最後は
これまでの損益推移!
170313-3.jpg3月に入ってからは利上げの折り込みが進んでドル高となっていることから含み損も大幅に減少(*ただし「中抜け値ごろ感ループイフダン」の含み損は増加!でも買いの方が枚数が多いので全体では減少)しましたが、3月までは決済利益は着実に積み上げているにも関わらず、損益+含み損益の合計ではプラスとマイナスを往来している様な状況でした。要するにループイフダンはいつ辞めるかがかなりポイントになってくるトレード手法であるということが言えそうですね (^∇^)ノ これから始める方の参考になれば幸いです!
 
ループイフダン(トライオート)で一番利益を出させて貰っているオススメの証券会社!50万円入金&50万通貨の取引で1万円キャッシュバックキャンペーン中です!

FXの裁量ならココが一番、FX取引高世界No.1で安定感抜群!「プラチナチャート」も最高!
最大2.5万円のキャッシュバックキャンペーン中です!

本家ループイフダン!設定が楽々なので自動売買初心者でも簡単!手数料無料がウレシイ!
最大3万円のキャッシュバックキャンペーン中です!


  

ループイフダンの最適設定の検証 (17/3/12)

CCC9V9A9997_TP_V.jpg iNet証券のループイフダンやインヴァスト証券のトライオートなどはイフダン(売りと買いの指値を同時に注文する)を特定のレンジで繰返して行う注文方法の名称です。仕事中や寝ている間にも指値になったら勝手に売買をして利益を積み重ねてくれます!ただ、注文を始める際に悩ましいのが、設定をどうするか?です。そこで今回は最適設定の検証を行いました!

  最適な値幅は?  

まずは値幅設定(何銭単位でイフダンを繰り返すか?)です。相場変動の大半は細かい上下動なので直感的には値幅を小さくしたほうがより大きな利益を得られそうな気がするけどそれは果たして本当なのでしょうか!?

必要資金やバックテストのデータが有りましたのでこれらを使って検証してみました。
  • ループイフダン検証ブログ
  • ループイフダン目安資金


  • ■バックテストデータと投資効率(ドル円1万通貨単位)
    iNet証券のループイフダンを想定しているデータなのでB15はドル円を15銭間隔で、B25は25銭、B50は50銭間隔で買う注文を意味しています。

    まず表の下段でバックテストの10年間分の平均約定回数データを元に、投資効率(ドル円を1万通貨単位で一年運用した際の利益÷10円の変動に耐える為の必要資金)を求めてみました。数字が大きい方が効率的な投資であることを意味しています。意外や意外?値幅は広い方が効率的な様です!

    2銭の手数料(スプレッド)のせいなのか?と思い、手数料無しの場合も計算してみました。すると確かに手数料無しの場合の方が差は少ないですが、やはり値幅は広ければ広いほど有利なようです。次に10年間の平均ではなく、年ごとに見た場合はどうなのかをグラフにしてみました。2006年など一部の例外を除き、殆どの年で同様の傾向が見られましたのでどうやら確かなようです。

    また、「値幅と10円変動必要資金」、「値幅と約定回数」のデータは近似曲線にピッタリとフィットしました。


    そこで、逆算してバックテストを行っていない様々な値幅の際の投資効率をプロットしてみました。
    これで分かったのは、何と値幅は広ければ広いほど効率的ということです!しかも通常は手数料がかかりますので、なおさらこの傾向は強くなるはずです。但し狭い値幅の場合により値幅を広げる効果が高く、値幅が広くなるに連れその効果は減っています。直感に反し10銭や15銭単位のループイフダンは(証券会社を儲けさせる以上の)効果はありませんでした!

    以上を踏まえた上で最適な値幅を考えます。


    ■様々な値幅で予想した約定回数と投資効率(ドル円1万通貨単位)
    以下の図は近似曲線の数式を元に様々な値幅での年間予想利益と約定回数、資金効率を求めたものです。資金効率は数字が大きい方が効率的な投資であることを意味しています。
    50銭単位であれば年平均で230回約定するので、平日を年に250日とすると1日に1回弱約定しますが、100銭単位であれば4~5日に1回しか約定しません。800銭単位であれば年1回です。資金効率は値幅が広ければ広いほど効率的な投資であることを示しています。だとすると、なるべく広めに、でも我慢できる程度に。が最適な値幅と言えそうです。

    私は50銭間隔にしています。これが我慢の限界です!


      最適な開始価格は?  

    次に、ループイフダン(実際にはiサイクルとオートパイロットのみ設定可能)の最適な開始価格の検証を行います。開始価格の違いとは、例えば1円間隔で売り注文をする場合、100円を開始価格にし、99円、98円と売るのか?それとも100.5円を開始価格にして、99.5円、98.5円と売るのか?という違いです。

     

    インヴァスト証券のオートパイロットは作成したトラップのバックテストを行うことが出来ます。そこでこのテストでドル円を1年間、100銭間隔と、50銭間隔で売った場合、開始価格の違いが利益にどの様な影響を与えるかを検証しました。

    左図が100銭間隔で右図が50銭間隔の値幅の場合です。例えば100銭間隔の場合、利益が最も高い0.4円を開始価格にする場合と最も低い0.9円を開始価格にした場合では年間利益に100万円近くもの差がありました!

    50銭間隔ではそこまで差がありませんでしたが、それでも利益が最も高い0.3円開始と最も低い0(=0.5)円開始では40万円程度収益が異なり、驚いたことに開始価格は利益に10~20%もの影響を与える場合があることがわかりました!

    少なくともバックテストを行った主に2015年のドル円相場では、100銭間隔なら0.4円を、50銭間隔なら0.3(=0.8)円を開始価格にするのがベストな設定であることがわかりました。これは心理的な壁となる1円単位付近では売りと買いの攻防があるため簡単には壁を超えられない(ギリギリで約定しないことがある)のに対し、0.3円などはそれほど節目ではないので通過しやすいということを反映していると考えられます。


      まとめ  

    ・値幅間隔は広ければ広いほど効率的
    ・開始価格は100銭間隔なら0.4円を、50銭間隔なら0.3(=0.8)円にするのがベスト

    なお、このバックテストでは「年間の最大含み損額」もわかるのですが、少なくとも売では大抵年間予想収益額よりも多かったです。。。含み損に耐えてこそ得られる利益!なループイフダン。分かっちゃいるけどおそロシア ((((;゚Д゚)))))))  

    *計算が間違えていたらお知らせください。内容及び投資の判断は自己責任でお願い致します。  

    ループイフダン(トライオート)で一番利益を出させて貰っていたTochiの一押しFX業者!50万円入金&50万通貨の取引で1万円キャッシュバックキャンペーン中です!



      


    最新記事

    ブログ内検索



    プロフィール


    初めましてTochiです!投資で資産を増やして田舎でのんびりアーリーリタイア暮らしを夢見る30代後半の小鳥のつもりです。遠恋14年目の婚約者と犬を飼って一緒に住むのが当座の目標ですが、これもいつになるやら。。。
    投資歴4年目。FX、個人向け国債、投資信託、ETF、CFD、IPO、ソーシャルレンディングなどを経験。FXの裁量トレードは天井買いと底値売りばかりなので昨年からは最小限にし、含み損を耐え忍ぶ手動トラリピで年収500万?と皮算用の日々を綴ります。

    @メールフォームはコチラ

    @スマホ版

    講読・はてブ



    follow us in feedly

    Subscribe with Live Dwango Reader このエントリーをはてなブックマークに追加

         

    << Tochi's Topics >>



    ■詐欺とか大損とか結構ヤバイ


    -521万 含み損の損切り。もうFXは閉店です (17/3/31の損益)


    損切合計2,000万!トランプショック死を振り返る (16年11月)


    みんなのクレジット、超注意!(17/3/26)


    みんなのクレジットの軽すぎる行政処分の真相 (17/3/30)


    さよなら、ソーシャルレンディング。投資状況17年4月



    ■投資の話・分析室


    ループイフダンは儲かるのか?(58人分の検証)


    ループイフダンの最適設定の検証   


    ループイフダンの手数料について考える


    さよならトライオート、こんにちは手動トラリピ (17/4/7)


    IPO全然当たらないけど?当選確率はどうなってるの!?



    ■アーリーリタイア本気組


    アーリーリタイア必要資金#2   


    アーリーリタイアと幸せの在処    


    らくらく禁煙で節約生活!    


    アーリーリタイアを控えて思うこと。お金と常識と価値 (17/4/17)


    アーリーリタイアを控えて思うこと。ありが10匹、20匹 (17/4/16)



    ■もう妄想が止まらない


    FXは勉強で勝てるのか? (17/4/9)     


    FXはTwitterで勝てる! (17/4/10)   


    ブログでメシは食えるのか?(17/4/19のMT4)   


    お金ってな~に? 節約のすゝめ (17/4/18)





    << TochiのIPO戦績 >>

    2017年 +0.6万円
     ソレイジア 1枚 SBI +0.6万円

    2015年 +28万円
     サムティー 2枚 SBI,大和 -2万円
     日本郵政 8枚 SBI,モル等 +18.5万円
     ゆうちょ銀行 5枚 SBI,モル等 +11.5万円

    おともだちブログ

    新ともできました!
    2022年に早期リタイアを目指すヘボリーマ
    ==================== TRADER-FAN
    美木茉利のFXで100億円稼ぐ
    FXブログアンテナ
    進撃の無職〜貯金が尽きるまで貧乏セミリ
    fx-on
    貴方を幸福にするFXブログ
    アラフォー脱サラ計画.com
    ブログサークルあんてな
    FXのスキャルピングで億トレーダーを目指
    投資ブログアンテナ
    無職ひきこもりトレーダーの日々
    うちのトラの子の年収は?
    FX専業トレーダーの生活!!
    81年生まれが投資による資産運用を真剣に
    心豊かにシンプルライフ
    セミリタイア資金3000万を目指すブログ
    「しん」の思考亭♪
    めざせ!金持ち父さん わらしべ長者になれ
    FX・株 トレード日記 YUKIOブログ
    40代貯金2000万でセミリタイア
    FXトレーダーSESO
    1日10pips勝ってます!
    経済の知識がまるでないサラリーマンがノリで100万
    小金持ちリタイヤを目指すサラリーマン
    1億円を貯めてみよう!chapter2
    FXと株の損失300万円をFXと株で取り戻
    元料理人の相場処世術
    わ た る ん FXブログ♪
    28歳からの投資生活 〜節約&不動産投資
    ビンボー主婦ゆきんこの生活見直し記録
    fxのすすめ
    トレーダーsarahのFX日記
    ぽにょのFX・株式投資奮闘記~トラップト
    FXだけで生活しちゃおー
    FX メタトレーダー自動売買 無料EA
    ゴゾブログ
    ヤスのFXはPlan-Do-See
    ずるあにの好きなことを話すブログ
    グローバルインフォ 今日の目線!
    FXトラリピvsループ・イフダン/収益アッ
    株太郎と愉快な仲間たち

    ・投資、リタイア系ブログの
        相互リンク募集中です!

    記事アクセスランキング
    逆アクセスランキング

    FC2アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    株式・投資・マネー
    56位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    FX
    10位
    アクセスランキングを見る>>

    最近のコメント

    免責事項・プライバシーポリシー

    当ブログに掲載する内容はその正確性・正当性を保証するものではありません。当ブログの閲覧によって生じた如何なる損害にも責任を負いかねます。投資にあたっての最終判断はご自身の責任でお願い致します。
    当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookieを使用することがあります。Cookieを無効にする設定およびGoogle Adsenseに関する詳細は以下でご確認下さい。Google Advertising Cookie